フィリピン留学 CIJ 英語学校

CIJ Academyは勉学雰囲気を作りあげるため団体生活におけるお互いの不便を減らし、学生達の成功的な語学研修生活のために下記のような規定を定めています。関連規定に関しては必ず熟知していただき語学院生活に不利益が発生しないよう宜しくお願いいたします。

登録規定

申請書を空欄なく作成後、登録金150ドルを入金して頂き、円滑な登録の為に出国日4週間前までに留学費用を納付されれば、研修を開始することが可能です。

基本遵守事項

当校CIJ Academyと学習者は、お互いを尊重し、道徳の原則に従い契約を履行しなければならない。
当校は、学習者の研修が終了するまでは、誠実な管理者としての義務を果たします。
学習者は、学校規定を含めフィリピン憲法および日本の国家法律を含め全ての法律を遵守しなければならない。

通知規定

学生に問題が発生し、退校及び早期帰国が必要だと判断された場合、当校は必ず退校措置前、または早期帰国前に学習者宅(父母)もしくは留学エージェントに通知しなければならない。

当校の権限および責任

所属する研修機関において、提供するように定められたサービスが災害、政府の命令、戦争、クーデター、テロ、飛行機事故、暴動、事件、病気、事業紛争、飛行機の遅延または取り消し等、研修機関の管轄外によるもので続行が不可能となった場合や、不可抗力的な理由等で契約されたサービスを提供できない場合、当校(またはその代理人)はどのような責任も問わないという、学生とCIJ(または代理人)と交わした契約の基本内容です。

1.課外活動など学校側の許可署名を受けずに、起きた犯罪、事件、損失における人命や財産の被害に関して当校には一切責任はありません。

2.当校の責任所在は、講義時間と教材、寄宿舎、食卓または付帯施設利用時に発生した安全およびその他の事故に関しての責任に限定いたします。 よって当校側は学生によって学校外で発生した安全およびその他の問題に関して一切の責任を負いません。学校側と保護者の間で交わす別途の契約において語学院が学生の保護者の役割を担当することもある。しかし、そうでない場合、教育における責任外保護者としての責任と権限はありません。

3.当校は換金の引き上げ、税金引き上げなどの措置など当校が統制できる範囲外の理由で起こる価格の変動をすることができる権限を当校が持ちます。

4.当校は新入生達の到着のお知らせを留学エージェント、およびご家族に対してのサービスのため、学生達の写真を利用できる権限があります。

安全/事故規定

瞬間的に発生する不可抗力な事故(学生同士の喧嘩、自ら負った怪我、客観的に認定されるような安全下での事故)
これらに対して当社は、迅速にご両親に一部始終を伝え、誠意を持ってその治療の手助けをいたします。
不可抗力な事故に対して、学習者は当校に責任を問うことはできません。
また学生が、個人的に時間外に外出したり旅行時に発生した事故に対しては、学校側は責任をもちません。
よって、学校側に追加補償は無く、語学院登録時に義務加入する留学保険および補償限度内でのみ補償を受ける事が可能です。
学校側で主催される団体活動の場合も、学校側の管理者の許可を書面で貰わなかった状況下で、個人的に行動して起きたどのような事故に対しても学校側は責任を負いません

出入国および滞在案内

1.ピックアップ・見送り
定められた団体ピックアップ日は無料ですが個人ピックアップは900ペソの費用がかかります。帰国時の空港見送りはありません。

2.キャンパス移動
CIJ Academy ClassicとSpartaキャンパス間の移動は2週間単位で可能です。移動費用は1,000ペソをお支払いいただきます。 (キャンパス間の移動は、土日の週末に可能です)

3.航空券
日本から復路のチケットを前もって準備しておかなければなりません。(復路は日付の変えれるオープンチケットが便利です) 航空関連のすべての問題に関しては、学生本人に全ての責任があります。

祝日

フィリピンで定められた休日、臨時休暇日には授業はなく、一部の学校施設も利用できません。
また祝日に関しての補償はありません。

追加で発生の費用

医療費、追加授業料、寄宿舎変更、教材費、電気料金(As per Meter)、基本洗濯外の洗濯費用(1回3KGまで無料)、その他の雑費等については学校規定及び現地の事情により変更される場合があります。

保証金

CIJ Academyの生徒は寄宿舎に入室と同時に留学期間によって下記のような保証金を納付しなければなりません。これは、研修中に教材費用、水道・電気代、公共物の破損および追加で発生する費用の際に控除され、学生の研修期間が終わり、退室日にオフィスにて残りの保証金を返金いたします。

1~4週 Php4,000
5~8週 Php6,000
9~12週 Php8,000
13~16週 Php10,000
17~20週 Php12,000
20週以上 Php14,000
授業規定

1.プログラムの変更
CIJ Academyは、やむを得ない状況に対して開校日、コース、プログラムを必要だと判断した時点で変更することができる権限を持っています。

2.授業延長
コースの延長は可能であれば4週前に学校の相談員と相談後、延長費を納付してください。そうでない場合は、既存の講師の授業が変更されたり、延長ができない場合があります。コースの延長は4週単位でのみ可能です。追加で延長する延長費は延長コース開始4週前にエージェント、またはオフィスへ延長費を納付してください。

3.授業形態
授業はマンツーマン授業とグループ授業で行われます。学校側の判断により授業が変更される場合があります。既存の学生の授業を変更することは出来ず、空いている講義時間や講師がいる場合、申請が可能です。
授業時間の変更は毎週土曜日相談にのみ可能になります。

4.代替え規定
当校はレベルテスト後、学生が最低基準に到達していない場合、またはレベルがとても高い場合、
学校は他の教育課程で再配置する権利を持っています。万が一、紛争または他の諸事情により講師が退校した場合、または該当学生の授業を拒否した場合、他の講師に代替えできる権利を持っています。
担当講師が欠席した場合、学生の空いた時間や該当週の平日または土曜日に講師と学生が相談の上、補充授業を受けたり、該当日に代替え授業を行うことができます。

5.教材
教材はレベルテストを終えた後、教育マネージャーと相談の上、教材を選定することができます。グループ授業の場合、グループ授業の先生と相談の上、教材を使用することができます。全ての学生は授業参加時に必ず教材を持参してください。
これを守らなかった場合は、授業を受けれない場合もあります。

6.欠席および遅刻
授業が始まってから10分までは遅刻、15分以上遅れる場合は欠席とみなされます。無断欠席の場合、警告を受けることになり2週間以内に同一授業を3回以上欠席した場合は、該当授業を4週間受ける事が出来なくなります。もう一度授業を受けるためには土曜日に授業の変更時に他の講師での申請をしなければなりません。
ただし、授業欠席前に正当な事由(病院訪問)による欠席届を記入し、オフィスへ提出していただければ出席とみなされます。(必ず医師の診断書添付)その他、個人的な事情や診断書の添付のない欠席の場合は、欠席届を提出しても出席として認められません。

7.授業の変更
授業の変更は、毎週金曜日の午後7時から指定された場所で、抽選で授業変更の順序を定めることになります。抽選の結果に応じて、土曜日の午前9時から定められた順番に授業変更が行われ、金曜日の授業の変更に伴う抽選に参加していない学生は、土曜日の授業の変更が不可能であり、土曜日のクラス変更の時間に間に合わない学生も授業の変更を行うことができません。
授業の変更時には、教師一人当たり1時間の授業の申し込みができ、教師の突然の辞職と連続無断欠勤などにより授業の変更がすぐに必要であると判断される場合、クラス変更の規定にかかわらず、授業の変更が可能です。ただし、新入生の場合、最初の授業が提供された時点から3日間、いつでもオフィス業務時間内にクラスの変更を行うことができます。

寄宿舎生活規定

1.個人の持ち物の管理は、CIJ Academyの責任ではなく、貴重品は、オフィスで保管申請をすることができ、無料です。学生寮の戸締りをしていなくて起こる紛失や事件、事故につきましては、本CIJアカデミーでは一切責任を負いません。

2.石鹸、歯磨き粉、歯ブラシ、タオル、トイレットペーパーなどの生活必需品は自分で用意する必要があります。

3.部屋の変更が必要と判断時に担当者と相談した後、4週間単位での寮の部屋の変更が可能です。

4.寮内アカデミー院生以外の学生の宿泊は不可となります。

5.清掃は決められた曜日に行われ、洗濯は決められた曜日、指定された場所にランドリーバスケットを出してください。洗濯物を出す際は、必ず洗濯物リストをオフィスまで提出してください。(洗濯物リストがない洗濯物に関しては洗濯が行われません)

6.洗濯や掃除は週2回で、シーツや布団は申請者に限って2週間に一度交換します。指定日以外に追加で交換申し出がある際、シーツ及び枕カバー交換は100ペソ、布団交換は200ペソで可能です。

7.靴や帽子などの洗濯はできません。共同洗濯で色落ちや変形の可能性のある洗濯物、また高価な服や手洗いマークの洋服は、各自洗濯する必要があります。

8.洗濯物の破損や変色等に関しては 、CIJアカデミーでは一切責任を負いません。

9.寮内での喫煙や飲酒、男女間の混宿は厳しく禁止されています。これらを破った時には、警告を受けることになり警告累積時、退校措置を受けることになります。

10.9:00PMから翌日7:00AMまで、他の学生の就寝のために静粛にしなければなりません。これらを破った時には、警告を受けることになります。

11.寮の部屋を空ける時には、エアコンや電気などの電源は消してください。

12.学院側の判断で寮内に規定の違反点と点検が必要あると判断される場合はいつでも室内をチェックすることができ、清掃や修理の理由で学生が不在の際、学生の許可なくお部屋に入室することができます。

13.寄宿舎保証金は器物破損がない場合、教材費用・水道代・電気代を精算し退室時に返金されます。

14.部屋の鍵を紛失した場合は、今後生じる問題について学院では責任を負いません。

15.ゲストの訪問は、管理者の許可を得て行われ、部屋にはゲストは出入りすることができず、決められたスペース(休憩室)のみ訪問可能です。ゲストと一緒に外出や外泊の際には、事前の許可が必要です。

16.登録期間が終了する8週間前までに延長をしていない場合は、オフィスで任意に部屋の割り当てを開始します。したがって、延長する場合には、8週間前までにオフィスに申請してください。退室の場合は、12:30までに部屋を空ける必要があり、申請していない学生は、Overstayすることはできません。
非常に特別な場合(気象による飛行機のキャンセルなど)2人部屋目安にOverstay日当たり宿泊料(食事を含む)で1,500ペソが請求され、学校の同意を得た延泊もこれと同一視します。シングルは2,000ペソ、2人部屋は1, 500ペソ、3人部屋は1,200ペソが付加されます。

門限

CIJ Academyは学生の安全な留学生活のために下記のような門限を定めています。
門限を破った場合、警告状が発給され、警告が累積した場合は退校措置を受けることがあります。

クラシックキャンパス: セミスパルタ (平日外出可能)

区分 門限時間 備考
(日~木) 23:00 次の日に授業がある場合
(金~土) 01:00 次の日に授業が無い場合
祝日 23:00 次の日に授業がある場合
祝日 01:00 次の日に授業が無い場合

スパルタキャンパス: スパルタ (平日外出禁止)

区分 門限時間 備考
(日~木) 外出禁止 次の日に授業がある場合
(金~土) 01:00 次の日に授業が無い場合
祝日 23:00 次の日に授業がある場合
祝日 01:00 次の日に授業が無い場合

プレミアムキャンパス:(平日外出可能)

区分 門限時間 備考
(日~木) 23:00 次の日に授業がある場合
(金~土) 01:00 次の日に授業が無い場合
祝日 23:00 次の日に授業がある場合
祝日 01:00 次の日に授業が無い場合
外出および外泊規定

当校は学習雰囲気を作りだし、学生の安全のために無断外泊および門限外の外出を禁止しています。旅行および家族、親戚訪問などの、やむを得ない外出および外泊が必要な場合は、事前に旅行計画書または、外出における文書を作成しオフィスに提出後に可能であり、これに反した場合は、警告状または退校措置を受けることがあります。

1.外出や外泊
クラシックキャンパスでは、4週間に4回の外出、2週間に1回の外泊が申請可能です。事前に申請をし、担当マネージャーの許可を得た場合のみ可能であり、事前の承認なしに門限を破った際、門限違反で警告状が発行されます。また、外出、外泊の承認後に学生の個人的な事情によって使用できな買った場合でお外出、外泊の証明書を使用したとみなされ、使用していない外出、外泊書にも後日補償はありません。

スパルタキャンパスでは、週末(金ー土)にのみ外出、外泊の申請が可能で、平日の外出は禁止されております。事前に申請をし、担当マネージャーの許可を得た場合のみ可能であり、事前の承認なしに門限を破った際、門限違反で警告状が発行されます。避けられない外出の場合は、必ず事前に許可を得て指定された時間に限り外出が可能です。金曜日の午後学院で指定された時刻以降から外出が可能です。

プレミアムキャンパスでは、門限時間以降の外出及び外泊については回数制限なしに可能ですが、必ず外出、外泊における文書を作成しオフィス業務時間内に担当マネージャまで提出してください。事前に担当マネージャーへ書面通知なしに外出または外泊した場合、規定によって警告状が発行されます。

2.旅行計画と旅行
留学期間中に旅行に行く場合、旅行前に必ず書面で旅行計画書を作成し、担当マネージャーの許可を受けなければならず、旅行後には必ず旅行の際の宿泊施設の領収書及び写真などの旅行証拠資料の提出が必要です。旅行事実の立証が出来ない場合、不正外泊と見なし警告状が発行され、旅行期間の授業も欠席とみなされます。

警告および退校/退室規定

1.CIJ Academyは、学生の生活規制や授業の規定違反に応じて、警告状を発行します。

2.警告状の発行時に学生相談が行われ、最後の警告時に学生相談とエージェントと家庭への通知が行われます。学生は、必ずCIJ Academyの警告規定に従うべきであり、警告状の累積時に返金無しにすぐ退校措置が行われます。

3.CIJ Academyは、火災予防のために、ガスバーナー、コーヒーポット、ろうそく、マッチ、ライターなどの火災の原因となるすべての物品の使用を固く禁じます。摘発時退校処分となります。

4.学生の個人事情で研修が中止された場合、中断する時点からすべての契約が完了し、返金規定に基づいて処理され、以降の授業や寮の処理権限は学院側にあります。また、不正な授業欠席時の警告措置が与えられ、再度、不正授業欠席時は返金無しに退校措置されます。

CIJ警告規定
・他生徒の部屋への出入り。(異性の部屋での寝泊りは滞在摘発時返金なしに直ちに退校)
・お酒持ち込みと飲酒、ギャンブル行為。 (摘発時返金なしに直ちに退校)
・寮の部屋を無断で改造する行為
・寮に危険物を持ち込むこと
・寮の建物、設備、機器に損傷を与える行為
・他の学生に被害を及ぼす行為(大音量で音楽を聴く行為など)
・寮で政治、集会、宗教活動をする行為
・寮で家畜やペットなどを許可なく飼育する行為
・寮で商取引をする行為
・異性部屋の出入りやお客様の同室滞在は、警告措置なしに直ちに退校措置されます。
・カジノおよびKTVなど学生身分にそぐわない場所への出入り行為
・無断外泊及び門限を破る行為
・その他CIJの規定に基づき、学生身分にそぐわない行為、地元の警察に立件された場合(返金なしに直ちに退校)

5.CIJ Academyは下記のような警告状発給のルールを定めています。最終警告を受けた際、すぐ留学エージェント及び家族に通報となり、アカデミー掲示板に学生の名前と退校通知が公開されます。また、留学期間が4週未満の学生は規定を破った場合、直ちに最終警告となり、担当マネージャーと相談になります。

留学期間 警告回数
4週 1 次 / 最終
8週 1 次 / 2 次 / 最終
12週 1 次 / 2 次 / 3 次 / 最終
16週 1 次 / 2 次 / 3 次 / 4 次 / 最終
20週 1 次 / 2 次 / 3 次 / 4 次 / 5 次 / 最終
24週 1 次 / 2 次 / 3 次 / 4 次 / 5 次 / 6 次 / 最終

6.CIJ Academy延長時、警告状の累積は既存の登録期間の最終警告発給時点で登録した期限の警告状の発給回数が追加されます。 (例、8週登録後 4週延長時 5次の時に最終警告)

払い戻し規定

CIJアカデミーの返金規定は、以下のように行われ、授業開講後の払い戻しを受けるためには担当マネージャーと相談後、書面で払い戻しの申請をする必要があります。CIJアカデミーは、払い戻し申請書受付後、担当エージェントに通知し、すべての払い戻しは、学生が学校を退室した時点から40日以内にエージェントを通じて返金が行われます。払い戻しの際には、CIJアカデミーまたは担当エージェントで行われたプロモーションなどは全額返金ができかねます。出国後の授業料の払い戻しに関しては、コース終了日と下記の規定に基づき行われ、払い戻し時点で払い戻し期間の算定を行い4週間単位でのみ払い戻しが可能です。その他の残りの期間は、返金対象となりません。また、退校時には返金は行われません。
1.出発前
出発前の入学取り消しは、必ずコース開講前に書面で申請をする必要があり、入学登録料は返金されません。
出国日を含めて14日前までのキャンセル申請時、入学登録金を除いた授業料と宿泊費の返金を受けることができます。
出国日を含めて14~4日前までキャンセル申請時、宿泊費2週間の費用を除いた金額を返金を受けることができます。
出発日3日以内のキャンセル申請時 、4週間分の宿泊費と1週間分の授業料を除いた金額を返金を受けることができます。

区分 入学金 払い戻し金額
出国14日前 返金不可 授業料、宿寄宿舎料 全額返金
出国14~4日前 返金不可 2週間分の宿寄宿舎料を除き全額返金
出国3日 返金不可 4週間分の宿寄宿舎料+1週間分の授業料を除き全額返金

2.出国後
到着後に払い戻しを申請する際には担当マネージャーまで書面提出が必要です。
到着後4週間以内に払い戻しを申請する場合、授業料と宿寄宿舎料の60%を返金を受けることができます。
また、到着後4週間を過ぎた場合には、授業料と宿泊費の30%を返金を受けることができます。

区分 入学金 払い戻し金額
開始日4週間以内 返金不可 授業料と宿寄宿舎料の60%を返金
開始日4週間以後 返金不可 授業料と宿寄宿舎料の30%を返金

※ ただし、 本人の疾病あるいは家族の病気でキャンセルが避けられない場合、最小通報時点にかかわらず4週間単位で残りの授業料と宿寄宿舎料の50%を返金することができます。(医師の診断書または証明書の提出必要)
3.授業コース変更
授業のコース変更は4週間以上期間が残っている場合申請可能です。コース変更の際の学費返金は行われません。

次の場合は払い戻しできません。
※4週間未満登録の場合、払い戻しはできません。
※コース開講以降に到着の場合や、欠席をした授業時間につきましては、返金、補習授業はありません。
※ARP(Alien Registration Program):外国人登録プログラム申請時、移民局に訪問する必要がある場合に受けれない授業時間につきましては、返金、補習授業はありません。
※公平な留学市場形成のためにエージェントを通じた授業料の割引または同等の恩恵などを厳しく制限しています。語学研修中、このような事実が発覚する時には返金なく退校措置されることをお知らせします。

区分 返金有無
事前通告なしに、開校日から3週間欠席時 返金不可
学生の遅刻及び欠席など不真面目な行動で授業が受けれない時 返金不可
退校措置になった時 返金不可
退室の規定

退室は、登録締切日12:30までに部屋を空けてください。学生はオフィスの事前同意なしに任意に延泊することができません。ただし、特別な場合(悪天候による飛行機のキャンセルなど)2人部屋目安にOverstay日当たり宿泊料(食事を含む)で1,500ペソが請求され、オフィスへ事前に申請し同意を得たゲストの訪問もこれと同一視します。1人部屋は2,000ペソ、2人部屋1,500ペソ、3人部屋1,200ペソが付加されます。

お気軽にお問い合わせください。03-4540-2112受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら